ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
最近の日記コメント
テーマ選択

(4 テーマ)

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが つれづれ日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
  カテゴリー ‘スマホ・ガジェット’ のアーカイブ
とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

iPhone7は、ヘッドフォンが使えない?

次期iPhoneでは、ヘッドフォン用端子が無いという情報が。

イヤホンジャックがないiPhone 7の流出画像(EllPedia)

もし本当なら、次期iPhone購入は無いな・・・



iOS9.1 脱獄可

PanguがついにiOS9.1に対応しました。
64ビット端末のみですが、まぁ多くの人がiPhone5S以降に移っているので、そんなに問題はないでしょう。



iOS 9.1 Jailbreak Tutorial
【速報】iOS 9.1脱獄が可能に!! Pangu for iOS 9がアップデート

Cydiaの動作に不安があるとか無いとかで、ちょっとまだ躊躇していますが。
やはり色んな面で脱獄すると便利なので、週末にでも実施を検討中。

それにしても、iPhoneのハッキング競争には、数千万の賞金が掛かっているとか。
脱獄を実現させる人は、天才の一種なんでしょうなぁ。

※脱獄とサラ金は自己責任でどうぞ。



ドラム式洗濯機

まだ古い縦型洗濯機は動いたのですが、なんとなく冬茄子を使って衝動買い。
最近、偏心のせいか振動が激しくなってきたのもあって、少々お高い洗濯機に買い替えしました。


パナソニック NA-VX-5E3R


NA-VX5E3Rは、パナソニックのドラム式洗濯乾燥機 2015秋モデル「NX-VX8600L」のエディオン専売グレード(かつ右開き)です。
この投稿の続きを読む »


iPhone 6Sに機種変更

iPhone5Sを購入して早2年。
今月更新月だったので、SoftBankに電話してMNP予約番号を取得。

・・・と見せかけて、コジ割3万ポイントもらって、6Sへ機種変更しました。
SoftBankに別に思い入れはないのですが、周りの親戚がSoftBank多数のため、変えるとめんどくさい。

で、iPhone 6S 64GBを購入。


Plusと迷いましたが、あのデカさは、胸ポケ収納がデフォルトの自分には耐えられそうにない。
動画の手ぶれ補正機能は最後まで心残りだった。

この投稿の続きを読む »


L-01F液晶交換

1ヶ月以上ほったらかしてました。
ネタが無いのと、忙しいのと、両方が原因です。

で、ちょっと時間を取れたタイミングで親戚から「子供がスマホを割った」と連絡が。
機種は、以前購入したものと同じLG L-01F。
起動はするものの、画面の上半分に大きくヒビが入り、タッチが反応しません。


割れた液晶と分解途中のL-01F


この投稿の続きを読む »


L-01F root化

L-01Fをroot化しました。
理由は2つ。

(1) 毎朝出る、ドコモIDの認証エラーメッセージを止めたい。
(2) テザリングしたい。

(1)については、ドコモのプリインアプリを凍結orアンインストールさせる必要があります。
(2)については、テザリングモード時に強制APN設定される動きを止める必要があります。
いずれも、root権限が必要です。
root化については、下記サイトを参考にしました。

【L-01F】LG G2「L-01F」のroot化・カスタムカーネル・カスタムROMの導入(ROM焼き)(AndMem さん)
L-01Fをroot化する(隣の芝は青く見える!さん)

いつもの注意書きですが、root化ほかすべての作業は自己責任で実施ください

この投稿の続きを読む »


A820 Xperia化

PureXperia、というカスタムROMプロジェクトがあります。
Xperia CのROMをベースに、MTK6589などの他機種に流用できるカスタムROMを開発されています。
対応機種に適用すると、見た目や搭載アプリがXperiaライクになります。

公式サイト(Facebook)はこちら
(残念ながら、作者の所有するMTK6589機種が故障したため、MTK6589向け開発は終了するとありますが・・・w)

面白そうなので、試しにこのPureXperiaのROMを、MTK6589アーキテクチャを使うLenovo A820に導入してみました。
インストールは、今回はTWRPを推奨とあったので、CWMを消してTWRP(2.6.3)を導入後、カスタムROMをインストールです。
もちろん事前に、既存ROMのバックアップと、キャッシュ等のクリアはやっておきます。
ROMは、PureXperia Z2 4.3.6に決定。(現在、最新は4.3.7になっています。)



導入完了。




ホーム画面。どことなくXperiaを彷彿とさせるイメージ。




アプリ一覧で表示される拡張メニュー。




端末情報。バージョンが4.4.4になっていますが実際は4.2。




設定画面。PureXperia独自の設定が増えています。




PureXperiaの設定画面。画面上のソフトキーやタッチパッドのLED設定など。




音設定。Xperia独自のオーディオ設定を利用可能。




「Sound effects」を選択すると、Dolbyのオーディオ拡張機能を設定できる。


こんな感じです。
Xperiaベースということで、見た目も非常にキレイなカスタムROMですね。
A820導入による対応通信帯域は、W-CDMA 900MHzと2100MHzとなります。
ソフトバンクSIMで利用すると、プラチナバンドに対応できます。

大きな不具合はありませんが、戻るボタンやホームボタンのバックライトLEDが点灯しなくなっています。
4.3.5では、カメラをフロントに切り替えた際に、フロントカメラのないA820では「カメラに接続できません」と表示された後、アプリが強制終了し、リアカメラに戻せない現象が起きていましたが、4.3.6でカメラアプリをGoogle純正品に戻したことで修正されたようです。

なお、著作権的にはかなりブラックなROMだと思います。
導入の際は、全て自己責任でチャレンジしてください。


ChromeCast購入

冷蔵庫とテレビを買ったときのポイントで、ChromeCastを購入してみました。



外箱。シンプルモダンとでも呼ぼうか。




本体(USBキーみたいなの)とHDMI延長コネクタ、ACアダプタ、USBケーブル


説明書の類はほとんど入っていません。
http://chromecast.com/setup/
へアクセスして指示に従いましょう。
ちなみに、スペルミスで「http://chromcast.com/setup」にアクセスして混乱したのは自分です(ぇ



Android端末で、ChromeCast専用アプリからセットアップ




セットアップ完了。これでAndroidからTVに指示を出せる


USBでTVに繋いだChromeCastを、Wi-Fi経由でセットアップします。
ChromeCastが無線LANに接続できたら、セットアップ完了。
とりあえずAndroid端末にインストールしてあるYoutubeアプリで、Castを試してみましょう。

スマートフォンや、DLNAサーバに保存されたメディアの再生には、別途アプリが必要です。
自分は「AllCast」というアプリを導入して使っています。
試行版のため、最大5分しか再生できませんが、とりあえず手元にあるビデオはほぼ5分以内のため、これで間に合っています。
今後、尺の長いビデオを再生する必要ができたら、有料版のAllCastを購入しようかと。

ちなみに当初、ChromeCastでYoutubeを再生すると、低いにもほどがある画質で再生されました。
ChromeCastと無線LANの接続が不安定だと、Youtubeのビットレートが低くなる傾向にあるようです。
あまり受信感度は良くないようなので、ChromeCastの近くにある無線APを稼動させたら、FullHDで再生され、画質の問題はクリアされました。



ChromeCastは、基本的にAndroidまたはiPhoneが無いと何もできませんが、それらを持っているなら、そして説明書が無くてもある程度自分でNWやスマートフォンを操作設定できるのであれば、価格も5000円以下ですし、かなり面白いガジェットだと思います。



iPhone5S 7.1.2を脱獄

暑くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、手持ちのiPhone 5S(Softbank)をOS7.1.2にアップデートしようとしましたが、状況を検索したところ、iOS7.1.2で完全脱獄が可能であるとの記事を見かけました。

中国で開発された脱獄ツール「Pangu」を利用することで、脱獄可能なようです。
デバイスの制限も無いようなので、iOS7.1.2アップデート後に試してみました。

中国製ということで、品質ではなくセキュリティ面でや心配な気もしますが・・・w

参考にしたサイトは、

Tools 4 Hackさんの記事

など、多数検索で引っかかると思いますので、わかりやすいところを探してください。
当然リンゴループになったり、アップデート時に障害の起こる可能性があることは、これまでの脱獄と同様です。

すべて自己責任で行ってください。



脱獄直後。Cydiaがインストールされました。




Cydia内の表記ですが、なぜか機種が「iPhone6」に。


まだ何も脱獄アプリはインストールしていませんが、今のところ通信や挙動に問題は出ていません。
バッテリーの減りなどは、使いながら監視していきますかね。
当面は、Activatorなど定番アプリ程度にしておこうと思います。

iFunBoxは相変わらず便利だw




Docomo L-01F(白ロム)購入

昨年8月に購入したLenovo A820。

スペック的に大きな不満はありませんでしたが、購入当初からイマイチ反応のよくなかったマイクロUSB端子。
夜充電コードを挿して、朝見ると充電できていない、という不具合が多発。
ショップ側のミス(と思っているが証拠がない)で保証書が無いため、基板交換などの根本修理もしてもらえず、自分で分解して、半田付けを修正しながら騙し騙し使っていました。
修正した直後は問題なく充電できるのですが、しばらくするとまた接触が悪くなる。
で、バラして半田の繰り返しなのですが、ある日、PCと接続してもUSB認識しなくなっていることがわかりました。

D+/-端子がお釈迦になったか、短絡しているかのどちらかだと思いますが、自分で直すのも大変そうですし、充電不良が起きるたびに毎回バラすのも面倒になってきたので、別の端末を探すことにしました。

A820をMVNO(DTI Serverman)で使っていて最も大きな不満だったのが、電波です。
自宅だとDocomo 2.1GHzの電波状況が凄まじく悪く、A820はしばしば圏外になりました。
通信自体はWi-Fiを使うのでよいですが、電波を拾えないと電池の減り方が激しくなります。
そこで、次に買う端末では、絶対にプラスエリア対応にすると心に決めていました。
ほかに要件として、

(1)LTE通信対応
(2)Quadコア+メモリ2GB
(3)4.5インチ以上
(4)2万円程度(出せても2万円台)
(5)SIMフリー化、Root取得可能

こういう端末を探しました。
ところが、800MHzかつ(1)LTEに対応する、という時点で、まともな選択肢はDocomoの白ロムにほぼ限定されます。
海外機種でも、一部の端末は800MHzに対応していたり、modem.img書き換えなどで対応させることは可能ですが・・・

価格的に、今お得であろう値まで下がってきている機種として、LG製の「L-05E」と「L-01F」が見つかりました。
Xperia X1fとかもいいなと思ったのですが、やはり3万円以上は出したくない。

L-05Eの長所:
 ・バッテリ交換可能
 ・おくだけ充電
 ・防水

L-01Fの長所:
 ・SnapDragon 800 2.3GHz
 ・5.2インチ液晶
 ・バッテリ2900mAh
 ・1080×1920フルHD

A820でUSB端子が脆弱だった件を踏まえ、L-05Eのおくだけ充電には非常に心惹かれるものがありました。
しかしながら、最強クラスのSnapDragon 800を搭載している点や、5インチを超えるサイズでのFullHD対応ディスプレイ、そして脅威の狭額縁など、ガジェット好きにはたまらないスペックを備えているL-01Fには勝てなかった(笑)



L-01F到着。箱は小さめです。




開封の儀(笑)


価格は25,500円と、当初の予算2万円を超えてしまいましたが、数日使った限りでは満足度高いです。
Antutuのベンチマークでは28,000~33,000と、A820の倍以上を叩き出すようですし、スペックは全く問題ありません。
そして、電波状況も自宅でバリ4本と、すばらしい改善を見せてくれました。
通信速度も、最高速は所詮MVNOなのでノロノロですが、LTE対応となったことでレイテンシが改善したらしく、タップ後のページ遷移などは明らかに高速になりました。

IPS画面は少々ギラギラですが、発色もよく明るい屋外でも見やすいです。
画面の細かさ(画素密度)も、メイン端末である、iPhone5S(326ppi)に対し、L-05Fは423ppiと脅威の解像度を誇りますが、正直このレベルになると、自分の老眼に差し掛かり始めた眼には、あまり差がわかりませんw
現時点(2014夏)で最高解像度は、おそらくIGZOを搭載するシャープのSH-02E(489ppi)でしょうか。
A820の4.5インチと比較して、明らかに一回り以上大きな画面にも関わらず、本体がそこまで大きくないのは、サイドボタンを配して狭額縁に徹した結果でしょう。



右がA820、左がL-01F


かつてP-01Dを購入したときは、そのスペックの割に詰め込まれたDocomo糞アプリの多さ重さに辟易して、root取得後速攻でアプリ削除に走りましたが、現在の高スペックスマホでは、もはやそのような作業は不要ですね。
rootを取るメリットは、Adaway導入による広告ブロックや、テザリングなどに絞られるかと。
なので、L-01Fのroot奪取は可能ですが、端末の保証が効いている間は非rootでもいいかな。

ちなみにL-01FのSIMフリーについては、どこかしらのサイトに300円くらいで依頼すると、IMEI番号に基づいてSIMフリー化してくれるそうですが、この機種はソフトバンク900MHzには対応していないので、このままDocomo回線で利用するのが安全ですね。
Android 4.4 KitKatへの対応は、ドコモ糞アプリが原因で、アップデート非対応と発表ありました。
ま、想定どおりといえば想定どおり。
どうしてもアップデートしたければ、CyanogenModを導入する、という手もあります。
ワンセグやお財布機能は諦める必要がありますけど。

将来的には、マイクロUSB端子の故障だけが心配ですが、長持ちしてくれるとありがたい。
ちなみに、空きになったA820には、P-01Dに入っていたみまもりSIMを挿しました。
A820は、WCDMA900MHzに対応しているので、プラチナバンドをつかんでくれる模様。
USB通信は不可能ですが、充電だけはとりあえず出来るので、しばらくはこれで使い続けることにします。