とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

iPhone 6Sに機種変更

iPhone5Sを購入して早2年。
今月更新月だったので、SoftBankに電話してMNP予約番号を取得。

・・・と見せかけて、コジ割3万ポイントもらって、6Sへ機種変更しました。
SoftBankに別に思い入れはないのですが、周りの親戚がSoftBank多数のため、変えるとめんどくさい。

で、iPhone 6S 64GBを購入。


Plusと迷いましたが、あのデカさは、胸ポケ収納がデフォルトの自分には耐えられそうにない。
動画の手ぶれ補正機能は最後まで心残りだった。

しかし、3万ポイント使ったとしても、本体7.5万にApplecare1.5万追加して9万オーバー。
高級なパソコンすら買える値段ですな。
キャリア品は月月割で毎月2800円(24ヶ月で6.7万)安くはなりますが・・・
割り引かれる母数となるパケ放題の価格が適正かどうかも、甚だ疑問。


さて以降は、5S→6Sへの移行でいろいろ気になった点があったので備忘録として残しときます。
iTunesの個別Passiveインストールしている人向け。
なんのこっちゃ不明な人は、気にする必要もありませんが。

6Sは、iTunes12.3以上が必要なようです。
そこで、さっそくダウンロードし、いつものようにAppleApplicationSupport、AppleMobileDeviceSupport、iTunesの3モジュールをインストールしようとしたら・・・

AppleApplicationSupportは、無印と64ビットとが同梱されている。
iTunesは確かに64ビットをダウンロードしたはずなのに。
しばらく考えて、無印はインストールせず、64ビットだけをPassiveオプションでインストール。

ところが、iTunesで問題発生。
・起動するとフリーズ
・起動はするが、「設定」を開こうとするとフリーズ
・起動はするが、iPhoneをつなぐとフリーズ
ということで、まともに動作しない。
午前2時の今まで考えていて、結局全部アンイストールした後、先の3モジュールに追加して無印のAppleApplicationSupportを導入したところ、解決しました(笑)



iTunes64ビットインストーラに含まれているファイルと要否


インストール順序は、以下のとおり。(正しいかどうかはわかりませんが、これで動作してます。)

AppleApplicationSupport.msi /passive
AppleApplicationSupport64.msi /passive
iTunes64.msi /passive
AppleMobileDeviceSupport64.msi /passive

やはり、ちゃんとAppleが用意するモジュールを入れないとダメですね。
iTunes12は、デザイン最悪ですが、5S→6S移行およびiOS9.2バージョンアップも無事終わりそうなので、よしとします。

あ~~~、眠いw




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

*