とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

レヴォーグバッテリー&フィルタ交換

台風19号が接近しています。
大きな被害が出ないことを祈るばかり。

嵐の前ってことで、レヴォーグのバッテリー・エアコンフィルタ・エアクリーナーを交換しました。
いずれも、新車購入から一度も交換していないものであります。
バッテリーは、普段アイドリングストップをオフにすることが多いこともあり、車検時のチェックでも電圧など全く問題なしでしたが、冬場にスキー場などで突然死されたらとっても困るので、3年を機に交換することにしました。


購入したものとその概算価格ですが、

バッテリー:パナソニックCAOS Q100/A3+製品保証延長キット:17,500円-2,600pt=14,900円(実質)
エアコンフィルタ:MLIT FILTER S-FG1:2,000円
エアクリーナー:VIC AIRFILTER A-926:約2,900円ー400pt=2,500円(実質)

バッテリーは、アイドリングストップ車専用品となります。
エアコンフィルタとエアクリーナーは、VMレヴォーグとVAB/VAG WRX、GP/GJインプ、SH/SJフォレで共通です。

ちなみにディーラーで頼みますと、だいたいですが

バッテリー:39,000円
エアコンフィルタ:4,900円
エアクリーナー:5,000円

・・・とくにバッテリーが高いです。
DIY派としては、当然自分でやりますよね?

ということで、まずはそのバッテリー交換から紹介します。


CAOS Q100/A3 伝統の青いケース


バッテリー状況を常時計測する”LifeWink”を同時購入

CAOSには
・標準車(充電制御車)用
・アイドリングストップ車用
・ハイブリッド車(補機)用
の3種類のバッテリーがあります。
このうち、アイドリングストップ車用は保証期間が2年となり、標準車の3年と比べ1年短い。
これを1年延ばしてくれるのが”製品保証延長キット”です。
このキットには、バッテリーに直接接続してLEDで状況を表示してくれる”LifeWink”が付属しており、これを購入し接続することで、2年保証が1年延びて3年保証になるというウレシイ仕組みです。
値段は1,500円ということで、これを高いととるかどうかはLifeWinkの価値次第かな?


旧バッテリー。3年間ノートラブルでよく頑張りました


センターのステーを外す。奥側の金具は、配線クリップとナットを無理に取らなくても外せる


ステーもターミナルも取れた


取り外した純正バッテリー。液量は減っていませんでした


Q-85と書いてあります


ついでにバッテリー受け皿とその下のボデーを掃除


CAOSを載っけてみる。当然ちゃんと載る。


LifeWinkのプラス端子はここへ


LifeWinkのマイナス端子はここへ


取付完了! 相変わらずボンネット内で映えるブルーカラー


LifeWinkのエンジン始動性能”良好”が点灯しています

ということで、バッテリー交換完了。
つづいてエアコンフィルタ交換です。


エアコンフィルタはグローブボックスの奥


古いのを引き抜いて差し替えるだけ。こちらも明るいグリーンが目立つ


新旧比較。新車からたまに引き出して掃除するくらいだったので汚い

最後にエアクリーナーです。
エアコンフィルタと比べると、エアクリーナーボックスを開けるところが少々面倒。


エアクリーナーボックスの留め金2か所と、車体をボックスを止めるL字ステーを外す


L字ステー外しました


あと、エアフロメーターのコネクタも外します


新旧比較。こちらも新車から3年2.2万キロで初の交換

以上で、バッテリー・エアコンフィルタ・エアクリーナーの交換が完了しました。
交換後ちょっと走った感想としては、
・エンジン始動性やオーディオ音質が改善された感じはしない
・エアコンの空気がキレイになった感じもしない
・エンジンのトルクやパワーが上がった感じもしない
ということで、必要なメンテナンスの一環としてやりましたが過度な期待は禁物です(笑)

よっぽど長期間もしくは酷使されたものを交換すれば、体感できるんでしょうけど。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

Region2 より:
そうですか。もう3年も経ったのですね。今は廃バッテリの処分が面倒なので、私はDIYはやめました。
走る場所にもよるのでしょうが、私の場合、エアコンフィルタは1万キロも乗れば目詰まりしてきて風量が明らかに落ちてくるので、毎年交換してます。見た目はちょっと黒くなったかなというぐらいなんですがねえ。
KEI より:
あっという間の3年です。
年取ると時間の過ぎるのが早い・・・

廃棄バッテリーは、佐川急便が電話一本で取りに来てくれるのでそれを利用しています。
購入元がバッテリー回収を送料含めて無料でやってくれますからね。
そうでなくても、新車買ったディーラーなら、そこに頼めばよほど嫌とは言われないはず。

エアコンの風量はどうだろうなぁ?
あんまり変わった気はしませんが、もしかしたら増えているのかも。

Leave a Reply

*