とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

マウスのベトベトを取る

夏休み中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、だいぶ昔に購入して、まだ動作にはまったく問題のないロジクールのマウス「MX518」。
動作には問題ないのですが、グリップ部分のゴムが加水分解でベタベタになっており、ホコリやらお菓子の食べカスやらを引き寄せて、とても汚らしいことになっていました。
夏場ということもあり手に汗握る 展開 シチュエーションも多くなり、ベタベタは気持ち悪い。


ロゴの剥げかかったMX518 これは洗浄済みでベタベタしなくなった後w

アルコールや洗剤で何度か拭いたりしてみましたが、どうにも取り切れず、買い替えを考えていました。
が、買い替える前にひとつ試そうということで持ち出したのがこれ。


コストコの万能洗剤「オキシクリーン」

まずオキシクリーンを洗面器に張ったお湯に溶かします。
量は適当に、添付された軽量カップ1/3くらいにしました。
オキシクリーンは、お湯でないと洗浄力を発揮できないので、48度くらいにしとくのが肝。

その後、MX518をバラして電子パーツのない部分をぜんぶ洗面器に漬け込み30分~1時間くらい待ちます。
時間がたったら、歯ブラシなどで各パーツを磨いていきましょう。
そうすると、表面についていたゴムが溶けて面白いように剥がせます。
オキシクリーン自体は酸素系漂白剤で殺菌も可能なので、マウスのように常に手が触れるパーツを洗うにはもってこい。

ゴムを一通り剥がし終わったら、水洗いして乾燥後、元のように組み上げて終了。
グリップがなくなった分つるつるしますが、そこまで滑ると困る作業をするわけでもなし。
逆にベタベタがなくなってとても扱いやすくなったように思います。

MX518は、耐久性が高く操作性も評判がよいので、壊れるまではこのまま使い続けることにしましたw



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

*