とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

Win10 Creators Update適用

先月リリースされた、Windows10 Creators Updateを適用してみました。
所要時間は、i7-2600kマシンで30分くらいだったかな。


バージョン1703と表示されます

かなり大幅なアップデートですね。
アップデートする場合は、とりあえず
こちら
に行って、「今すぐアップデート」ボタンを押し、アップデートツールを取得しましょう。


これ

ツールを実行すると、以下のような画面になっていきます。


「今すぐ更新」を押す。


ぜんぶOKになっていれば「次へ」。


100%になるまで待ち。かなり時間かかります。


「今すぐ再起動」を押せば再起動。ほっといても30分後には再起動。


この画面中も、それなりに時間かかる。


再起動完了すると、こうなります。


MS EDGEが自動起動、こんなウインドウが表示。

ということで、無事にアップデート完了。

システム:Intel i7-2600k / Intel HD Graphics 3000 / Asrock Z68 Pro3-M
追加デバイス:PT1
確認したソフト:
– TVTest 0.7.21
– EpgDataCap_Bon 0.10.66.0
– Edius neo 3.55
– TMPGEnc Vide Mastering Works 5.5.3.108

自分的に重要なアプリは特に問題なく起動しました。
また、ネットワーク等も正常に動作しているようです。
たまにスタンバイへ入り損ねる問題は、治ったかどうかまだわからないですね。(治ってない気がする・・・)
とりあえず、しばらくこれで利用してみようと思います。

また、Surface3も同じようにアップデートしてみましたが、こちらは19時半から開始して23時半過ぎにようやく終わりました。
eMMCのディスクパフォーマンスが遅いことが、おそらく大きな要因でしょう。
ただ、Surface3もアップデートは無事完了し、起動しました。
Bluetoothマウス、Wi-Fiともに問題なく動いています。

その他変更点などについては、窓の杜などを参考にするとよいかも。
未だ不具合等もあるため、適用はよく調べてからのほうがよいと思います。




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 4 件

Region2 より:

私は先行してUSBダウンロードで入れました。
アップデートを急かされたり、いきなりアップデートされるのが嫌なので。

安定感が増しましたね。
古いソフトでもきちんと動いてくれるようになりました。
アニバーサリーで古いソフトを動かそうとするとIMEエラーとか訳の分からんエラーで動かなかったので、GoogleのIMEを入れるしかなかったのです。

KEI より:

仰せの通り安定感は増したように思います。
1週間経ちましたが、スタンバイエラーは今のところ発生していないです。
ビデオカードドライバ(Intel HD3000)が更新されたのが効いたのかどうか。。。

いきなりアップデートは絶対拒否ですね。
何がおこるかわからんw
Mactypeを入れていると、OSアップデートは鬼門です(汗)

Region2 より:

知らぬうちに、「Windows 10 Fall Creators Update」が注入されていました…
何かアップデートに失敗したようなメッセージが出ていたのでダイアグツールを走らせたところ、随分待たされた挙句、「さあはじめましょう」と出てヤラれたことに気づきました。
イベントビュアには「無視してよい」とされている警告メッセージが多数。
「無視してよい」と言われても気になるものは気になる。

KEI より:

Region2さんこんにちわ。
Fall Creatorsですか。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1710/21/news009.html

なるほどなるほど。
うちのWin10 Proメインマシンは、グループポリシーをいじって勝手にアップデートしないようにしてあるので、
まだ適用されてないですね。
Surfaceとサブノートも、無線LANは「従量課金制」の設定にしてあるため、勝手にダウンロードはしてこない。
でも、時間できたらまとめてやってみるかな。

> 「無視してよい」と言われても気になるものは気になる。

確かに。
エラーが出ないことが正常ですからねぇ。

コメントをどうぞ

*