とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

86メータ裏の異音解消

86のメータ裏から、走行中にパキパキというかピシピシというか、異音がしました。
路面状態がよろしくないところで発生することが多いようで。



走行中の異音は気になるタチなのです・・・

ネットで調べると、何件か同じような現象の方を見かけましたが、どの記事も解決には届きそうにない感じ。

で、自分でもバラして調査。
何度かバラしては、制振用にゴムやスポンジを貼ったりしてみた結果、原因を突き止めました。
(全てのメータ裏からの異音に当てはまるわけではないと思いますが。)

自分の場合、原因は↓ここです。

メータ裏で、ダッシュボードと車体のフレームを止めていたネジ周辺が音源でした。


揺すってみると、パキパキ音がする。
そして、ネジを緩めて再び揺すると、音がしなくなる。

ということは、走行中にギャップを乗り越えたりして、車体に力が加わったときに、ダッシュボードとのズレをネジ周辺が受け止めて、音が鳴るのではないか・・・と。

対処として、
(1) ネジの裏側と車体フレームの間に制振用のゴムを挟む
(2) ネジにSワッシャーを噛ませて、ネジは適度に緩める



Sワッシャー

これでしばらく走行してみましたが、メータ裏の不快な音は無くなったようです。
まだトランクやドアパネル裏からも異音は発生しており、気にし始めるとキリがないのですが、メーター裏はドライバーから近いこともあって不快度も非常に高かったため、これが解消しただけでも快適度は一段上昇です。
樹脂モノだけに、周辺の気温等で収縮して、真夏や真冬になると再発する可能性はありますが・・・

いっそ、ネジを外してしまってもよいのかも?



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

*