ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
最近の日記コメント
テーマ選択

(4 テーマ)

オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが つれづれ日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
  カテゴリー ‘PC・AV・ゲーム’ のアーカイブ
とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

Win10自動再起動を止める

会社から帰ってきたら、PCが勝手に起動していました。
録画の予約は入ってなかったし・・・ということでチェックすると、原因はWindows Update。


時間になるとスリープになっているPCを勝手に起動して勝手に更新をインストールしたあげく、勝手に再起動してくれるようです。

勝手にインストールまでは100歩譲ってOKとして、勝手に再起動って何やねん!
PT1の予約録画プロセス(EpgTimer.exe)は、ログイン後のスタートアップで動かしてんねんぞ!
再起動してログインせんかったら、ガンダムUC録画できんやんか!


と、いうことで、PCの強制再起動阻止を試行錯誤中です。
(↑ネットにもすでにある程度手順は出てますけどね)

この投稿の続きを読む »


Win10インストールその後

今日気づいたのですが、Cドライブのディスク占有量がWin7時代と比べてえらく小さいのです。

空き容量94GB

Win7時代は、たしか空き容量73GBくらいで推移していました。
それと比較すると、20GBも少ないです。

サービスパックが当たってないとか、まだTMPGEncを入れてないとか、多少増える要素はありますが、
それにしても20GBもの差が埋まるとは思えません。
(復元ポイントは、随時削除してましたので。)

OSとしての占有量が減ったのかしら・・・何にせよ、ディスクは有限なので歓迎すべきことですね。





Windows10インストール

この週末で、家の自作PCをWin10にしてみました。
無償だし、タダだし、金かからないし、というレベルの判断です。

以前、Win10が無償で~という通知があったとき、当時はアップグレードインストールしかできない、という触れ込みだったため、MSの上書きアップグレードなんぞ絶対に信用できない自分としては、上げる気はありませんでした。

が、無償アップグレード期限が近くなり、ネットでも会社でもWin10の話題が増え始めたため、今一度調べてみると、最近はインストールメディア(USBまたはISOファイル)を作ってクリーンインストールができるようになった模様。
それなら、ということでさっそくISOファイルをダウンロードして、DVDメディアを作りインストールにチャレンジ。

この投稿の続きを読む »


iPhone 6Sに機種変更

iPhone5Sを購入して早2年。
今月更新月だったので、SoftBankに電話してMNP予約番号を取得。

・・・と見せかけて、コジ割3万ポイントもらって、6Sへ機種変更しました。
SoftBankに別に思い入れはないのですが、周りの親戚がSoftBank多数のため、変えるとめんどくさい。

で、iPhone 6S 64GBを購入。


Plusと迷いましたが、あのデカさは、胸ポケ収納がデフォルトの自分には耐えられそうにない。
動画の手ぶれ補正機能は最後まで心残りだった。

この投稿の続きを読む »


Xoops更新!・・・しかし

何年ぶりかに、Xoopsのプログラムを更新しました。
たしか前のバージョンは、Xoops Cube Legacy(XCL) 2.1.8だったかな?
今回導入したのは、「XOOPS X(ten) 20150801」というやつで、ベースになっているXCLバージョンは、2.2.3beta1です。

2.1.xから2.2に上げるには、Preloadに「upgrade22.class.php」というファイルを置かないといけないのですが、ちゃんとネットの記事を読まずにいきなりファイル更新してしまったため、当初起動させると、モジュール更新ページから進まずにかなり焦りました。

しかし、Xoopsを採用して10年くらい立ちますが、当時隆盛を誇ったXoopsも、今や見る影もない。
そもそも使用しているサイトも少ないですし、開発いただいている方々もかなり減ってしまったようで。
情報も、あちこちに散在していたり、どれが最新版なのかよくわからない状態。
ちょっと残念ですね。。。

さて、そんな中で、このブログを動かしているベースモジュールは、WordpressをXoopsに統合させる「Xpress ME」なのですが、この配布元となっている「XPressME Integration Kit」というサイトが、接続できなくなっているようです。(自分だけ・・・?)
そのせいかどうかわかりませんが、Wordpressの管理画面であるダッシュボードの動作が異様に遅いのです。
プラグインの動作時間を調べると、遅いのは「Plugin for XPressME」。
このプラグインを止めると、動作が改善します。

プラグインが、つながらないXpressME Integration Kitへ何らか通信(更新確認とか?)を行おうとしてTime Outしていたりしないか?と思うのですが、詳細は不明なままです。
件のサイト自体、最近はあまり更新もされていなかったようですし、もう引退・終了してしまったのでしょうか。

特に今のXpress MEで困ってはいませんが、今後セキュリティホールなどが出てきたら、モジュールの変更が必要になりそう。
というか、Xoopsそのものを辞める、という手もあるのか?
(膨大な記事を移行する気力は、もう残っていない・・・w)


3DS充電端子修理

3DS(LLじゃない方)の充電端子が破損しました。
内部のプラスチック部分が欠けて、端子が完全に折れています。

プロに依頼した場合修理代に、任天堂だと4,320円、街の修理屋さんとかでも、3,000円弱かかります。
付属の専用台を使えば充電可能ですが、せっかくなのでDIYで分解修理しました。

端子の購入はAmazonから。
端子2個セットで360円送料無料です。
安いですね。
任天堂純正ではないと思います、きっと。

修理に用意したのは以下の3点。

・ハンダごて(精密用)
・ハンダ(同じく精密用)
・ハンダ吸い取り線

また、修理の参考にさせていただいたサイトは以下。

3DS電源ポート修理(きてみろのブログ 様)


この投稿の続きを読む »


Acer 5349に改造BIOS

PC3-10600メモリ2GBを追加したAcer Aspire 5349ですが、メモリクロックはなぜか533MHzに設定されており、本来メモリが対応している666MHzで動作していません。




CPU-Zで見ると、メモリクロック(DRAM Frequency)は、533MHz CL7で動作しています。
搭載メモリは、666MHzでの動作が可能にも関わらず、です。
これは、5349に搭載されているBIOSのメモリクロック設定が、533MHzに固定されているためのようです。
しかしながら、5349のBIOSでは、メモリクロック設定を変更する項目は見当たりません。
5349に搭載されているBIOS「InsydeH2O」は、詳細な設定を変更する項目がロックされています。


標準BIOSでは、セキュリティの項目くらいしか変更できない


ロックされた項目は、実は改造BIOSを適用すれば開放することができます。
Aspire 5349は、海外で発売されている5749/5749Zと共通のマザーボードおよびBIOSを利用していて、その5749用には設定をアンロックする改造BIOSが海外有志により開発されていました。
そこで、5349に5749用改造BIOSを適用して、メモリクロック設定を変更しようと考えました。
(本当は、Ivy Bridgeに対応させるBIOSがないか探していたんですけどネw)

以下はその記録です。


この投稿の続きを読む »


Lenovo G570 CPU交換

Acer Aspire 5349-BT824のCPU交換とメモリ追加を友人に話したところ

知人<「ウチのもやって~」

ということで持ち込まれたのは、Lenovo製G570-433472J。
CPUにCeleron B800 1.5GHz(デュアルコア)で、メモリが2GB PC-10600(667MHz)。
AS5349とよく似たスペックの廉価なSandy BridgeノートPCです。

今回の強化メニューは、

(1)メモリ2GB追加で、2GB+2GB=総4GB(1,500円)
(2)CPUをB800→i3-2350M(2.3GHz x 2)(4,000円)

です。
調達元は例によってオークションですが、2350Mは少々割高な価格でした。
しかしながら、年末に向けてPCが必要なので、早くしてほしいと言われ4,000円で妥協。


この投稿の続きを読む »


KnightRider BD発売

ついに出ました、ナイトライダーBDボックス。

ささきいさお&野島昭生の「ナイトライダー」名コンビ再び。BD-BOX発売(AV Watch)

’80年代に大ヒットした海外ドラマ「ナイトライダー」。既報の通り、Blu-ray Disc BOXが世界に先駆けて日本で「ナイトライダー コンプリート ブルーレイBOX」として11月27日よりNBCユニバーサル・エンターテイメントから58,000円で発売される。

ボーナスで買ってしまおうかと思っている自分がいる。
野島KITTマジ萌えw

ナイトライダーNEXTのパイロットで、主役マイクトレーサーの父親として登場したマイケルナイトの吹き替えも、ささき氏が演じていましたが、年相応な声をされていました。
BDで新たに未収録パートのアテレコをされたようですが、すごく気になりますね。

ささき氏や野島氏だけでなく、ボニー役の小山マミさんやデボン役の中村氏なども集結したんでしょうか。
もはや皆さん大御所だけに、出演料だけでも大変なことになりそう。

だからなのか、定価5万円超え。
買うにはなかなか覚悟のいる価格ですなw

前述の記事は、パナソニックセンターで行われたBD-BOX発売イベントを報道していますが、そのイベントでなんと実物(レプリカ?)のナイト2000が登場したとのこと。
これはうらやましい。
パナソニック製のカーナビ「Strada RX01」宣伝も兼ねていたようで、ナイト2000のコンソール部分に(無理やり?)ナビが埋め込まれていました。
ナイト2000は、ボイスインジケータを見る限り、前期型のようですねw

いやー、見てみたかったなぁ、ナイト2000。



Acer AS5359 CPU換装

先日メモリを追加したAcerのノートPC「AS5349-BT824」ですが、勢いでCPUも換装してしまいました。

AS5349の搭載CPUは、Celeron B815の1.6GHzデュアルコア。
かつてのCeleronと比べれば、飛躍的な性能向上を遂げているとは思いますが、やはりi7 2600kを知っていると遅い。
なので、今回はCore i5 2410M(2.3GHz デュアルコア+HyperThreding)に入れ替えました。

当然ながら、作業によりメーカー保証がなくなり、失敗すると本体を壊す可能性があります。
参考にされる場合は自己責任にて。


さっそく、裏カバーを外して開腹。
メモリ追加したあと、カバーを止めるネジは間引いておいたため、10本弱外すだけで済みました。



前回の日記画像使い回し。真ん中にCPUがある。




黄枠のネジを外す→青枠のコネクタを外す→赤枠の無線LANアンテナケーブルを外す




すると、ヒートシンクとCPUファンを外せる。




外す前のB815。グリスが塗られている。




i5 2410M載せ換え後。


CPUの取り外しと取り付けには、マイナスドライバが必要です。
上記のように、ロック⇔アンロックしてください。
突起の出ている向きで、ロックかアンロックを判断します。
CPUは、ソケットをアンロックして、指で真上に引っ張れば取れますが、硬くて抜けない場合は、ガムテープとかを貼り付けてそっと引っ張りましょう。
(CPUの裏側は、非常に精密なピンが何百本と生えています。曲げたら壊れるので、慎重に。)

向きに気をつけて、新しいCPUを挿し込んだら、グリスを塗ってヒートシンクとファンを元通りに。
そして、カバーを閉じて電源ONしたあとBIOSで換装を確認しました。
割と緊張の一瞬です(笑)



換装後のBIOS画面。確かにi5-2410Mと書かれている。




そのままログイン。デバイスドライバがインストールされる。


B815→i5 2410Mの交換では、CPUだけでなくビデオドライバの更新も必要です。
更新はログイン後にWindows Update経由で行われます。
ネットワークを繋いでおきましょう。



インストール画面


なお、ドライバ更新前はVGA互換ドライバで動作するため、低解像度となっています。
以降は、換装前後のベンチマークとか。



CrystalMark2004R3でのベンチマーク(換装前)




CrystalMark2004R3でのベンチマーク(換装後)




CrystalMark2004R3でのCPU情報(換装前)




CrystalMark2004R3でのCPU情報(換装後)




Windowsエクスペリエンス(換装前)




Windowsエクスペリエンス(換装後)




参考:i7 2600KメインマシンのCrystalMark結果


Windowsエクスペリエンスは、CPUはもちろん、グラフィック性能値も大幅に向上。
そしてCrystalMarkの結果はダブルスコアと、かなりの性能アップを見せてくれました。
通常利用でも、ネットサーフィン程度ではっきりとわかる体感速度向上です。

無論i7にはかないませんが、消費電力を考えると、良い落としではないでしょうか。
追加したメモリ、今回換装したCPU共に中古品のため、合計6,000円以下でお手ごろなパワーアップができたと思います。
あと体感できる速度アップとしてはSSDですが・・・そのうちまた考えます(笑)

=================

余談ですが、このAS5349-BT824は、実はBluetooth搭載機種でしたが、買った当初はアダプタのスイッチがONになっておらず、知らずに後付けUSBタイプのアダプタを買ってしまっていました。
実は、「Fn」+「F3(無線アイコンが付いている)」で、無線LANのみならずBluetoothもON/OFFできる仕様なのです。
ハードウェアスイッチが無いのでさっぱりわからなかった・・・
(↑説明書読めよ)