とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

平成の交通事故件数および死者数

痛ましい交通事故のニュースが毎日のように報道されます。
最新のプリウスですら公園の砂場への突進を止められないのであれば、現時点ではもう運転を止める以外の手立てが無さそうに見えます。

上級国民のマーダーライセンスはどこで手に入るんですか

で、こういうニュースを朝見て、会社とかで「最近事故多いね~」とか言う人、まわりにいませんかね?
実際に事故件数がどう推移しているのか見ていましょう。
警視庁のWEBサイトで統計表を参照できます。(こちら


事故件数は、平成前半は増加傾向にあり、平成12~17年に90万件を越えていましたが、そのあたりをピークとして近年は半減しています。
平成18年に飲酒運転に対する厳罰化が施行されたことも影響しているように思えますね。

対して交通事故死者数はどうでしょうか。


こちらは、平成になってからほぼずっと減少傾向です。
30年前と比べると、1/3程度にまで減っています。

事故にあった被害者からすれば、一事が万事であり件数はどうでもよい話ですが、ニュースを見ただけで脊髄反射して「最近事故多いね~」とか言っちゃう恥ずかしい言動は避けたほうがいいな、と思いました。

しかし一方で、ニュースにより事故の怖さを改めて認識する機会になることは間違いないです。
どんなに自動車性能が上がったとしても、今の技術と法律をベースにしている限り、最後はドライバーが責任を持たなければならないのですから。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

Region2 より:
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」とさえ言えば交通事故扱いになる…。
フランスでは、きちんと(?)テロリストとして扱われましたが。
実は日本はテロ天国なのかも。

だがしかし。
テロリストの車にプリウスが多い気がするのは、思い過ごしだろうか。
KEI より:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000139-jij-soci
> 飯塚元院長はアクセルとブレーキに不具合があったと主張しているという。

不具合はあんた自身じゃないのかって突っ込んだ人たくさんいるようです。

タチの悪いドライバーにプリウスが多いのは、単に売れているからだと思っていましたが、ここ最近は軽自動車のほうがよほど売れているにもかかわらず、高速も一般道も駐車場もプリウスにはマナーモラルが崩壊した奴が多い気がする。

何なんですかね。

Leave a Reply

*