とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

ドラム式洗濯機

まだ古い縦型洗濯機は動いたのですが、なんとなく冬茄子を使って衝動買い。
最近、偏心のせいか振動が激しくなってきたのもあって、少々お高い洗濯機に買い替えしました。


パナソニック NA-VX-5E3R


NA-VX5E3Rは、パナソニックのドラム式洗濯乾燥機 2015秋モデル「NX-VX8600L」のエディオン専売グレード(かつ右開き)です。
VX8600Lがベースですが、違いとして、

○上位グレード:VX9600相当の「カラータッチパネル」
○上位グレード:VX9600相当の「ナノイー槽クリーン」
○オリジナルの「快速2kg」コース
☓下位グレード:VX7600相当の乾燥能力

届いてから思いましたが、やはり「でかい」。
高さにして10センチ、奥行きは15センチ近く大きくなりました。
買う前に洗濯パンがちゃんと対応しているかどうか確認しとかないとダメです。

縦型洗濯機と比較して、一番心配だったのが洗浄性能なのですが、最近のモデルは温水洗浄なども追加され、縦型と遜色ないものとなってきたようですね。
首まわりが黄ばんでしまった夏の半袖ワイシャツとかあるので、温水つけおきを今度試してみよう。

乾燥能力は、VX9600、8600が業界最速98分を謳うのに対し、この5E3L(R)は下位グレードのVX7600と同等の114分となっており、省エネ性も若干劣るものとなっているようです。
ただ正直、実際に洗濯→乾燥をかけてみると、3時間くらい平気でかかってしまうため、10分や20分のカタログスペック上の差はあまり意味がないようにも思います。
とりあえずちゃんと乾きますが、モノによってはシワだらけになるので、半乾きくらいで取り出して干したほうが良いような。
冬や梅雨など、乾燥に厳しい季節には、絶対便利になると思いたい。
電気代は、しばらく使ってみないとわかりませんので、また1ヶ月後くらいに。

騒音は、こんなもんかって感じですね。
洗濯時も乾燥時も、ナノイー槽クリーン時も、それなりのモーター音・機械音がします。
古い縦型と比べれば、格段に静かですけど。

縦型時代は、年1回くらいドラムを取り出してカビ清掃していましたが、「プレミアム」洗濯機らしく、こいつは自動で掃除してくれるようなので、いちいちバラす必要もない・・・といいなぁ(笑)

しかし、価格的にはかつて購入した47インチプラズマテレビ並です。
最近買ったエアコンよりも冷蔵庫よりも高い。
たかが洗濯機なんだけど、テレビもエアコンも冷蔵庫も既に機能として成熟し切っているのに対し、機能的に未だ途上にあるのが、このドラム洗濯機じゃないかなぁ?ということで、最新機能がどんなものかに興味が湧いて、ちょっと贅沢なモデルを買ってみました。

斜陽のシャープと白物撤退を決めた東芝を外して、日立かパナかで比較した結果、温水ミストではなく、温水つけおきができるパナを選定。(三菱ってドラム洗濯機作ってないんですな。初めて知ったw)

あとは、こいつが何年持ってくれるかですね。
ヒートポンプ機能とカラータッチパネルが、ネックになりそうな気がする。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

Region2 より:

いやいや、水配管の漏れや操作弁の異常など、「つまらない部分」の故障で使う気をなくさせて、新しいものを買わそうとするのではないかな。

KEI より:

今回のドラム洗濯機は、前の縦型のように簡単な構造ではないので、個人でバラして直すには厳しそうですわ。
壊れたら素直に依頼するか買い換えるかしかないかな~。

5年保証はついてるけど・・・10年は動いてくれないとw

コメントをどうぞ

*