とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

Fatty88のビンディング

スキーシーズンに入っています。
今年もがんばって滑っていますが、以前購入したFatty 88で気になっている点がありました。



K2 Fatty 88


それは、片方だけブーツを嵌めるのが、異様に固いということ。
金具を止めようとして、肩まわりの筋を痛めることもしばしばw

ブーツのサイズには違いがなく、固いほうの板は左右どちらのブーツでも固いため、異常は板にあると判断。
ビンディングをバラして、左右比べてみたところ・・・




前部分の金具 比較




後ろ部分の金具 比較


明らかに、片方の金具が小さいのわかりますかね。
両方あわせると、差は5mmを越えるため、嵌めこみにパワーが必要な理由もわかります。
さすがメイドインチャイナ、いい加減なもんだなぁ。。。w

購入後1年経ってしまったので購入店に相談もできず、K2自体は国内代理店がかなり貧弱そうで、相談してもたぶん梨のつぶてっぽい。
ということで、どうしたかというと。



後ろの金具を左右入れ替え(赤い矢印)


↑こうすることで、左右の幅の差を緩和させることにしました。
これで、かなりブーツを嵌めるのが簡単に。

あしたさっそく試そうw



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

Leave a Reply

*