とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

3DS充電端子修理

3DS(LLじゃない方)の充電端子が破損しました。
内部のプラスチック部分が欠けて、端子が完全に折れています。

プロに依頼した場合修理代に、任天堂だと4,320円、街の修理屋さんとかでも、3,000円弱かかります。
付属の専用台を使えば充電可能ですが、せっかくなのでDIYで分解修理しました。

端子の購入はAmazonから。
端子2個セットで360円送料無料です。
安いですね。
任天堂純正ではないと思います、きっと。

修理に用意したのは以下の3点。

・ハンダごて(精密用)
・ハンダ(同じく精密用)
・ハンダ吸い取り線

また、修理の参考にさせていただいたサイトは以下。

3DS電源ポート修理(きてみろのブログ 様)





簡単に言うと、裏蓋を外し、端子をハンダ吸い取りして除去し、新しい端子をハンダ付けするだけです。
一番の難関は、間違いなく端子を除去するところでしょう。
ハンダを吸い取ってゆっくりと動かしながら取り去るのですが、失敗すると基板のパターンまで剥がしてしまい修復不能になる可能性があるからです。

幸い、今回そのような状況に陥ることはありませんでした(汗)



充電端子を取り去った状態




新旧充電端子比較 内部の端子が欠けています(左)




新しい端子をハンダ付け


ということで、無事に通電も確認し、修理完了。
もう1個あるので、再度壊れても安心です(パターンが剥がれないかぎり^^;)




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

*