とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

デルタ航空のマイルをJTB旅行券に

年の瀬です。
今年は喪中なので、年賀状を出す必要もありません(喪中はがきは出しましたが・・・)

さて、私はしばしば中部ーデトロイト間をデルタ航空で飛ぶので、デルタのマイレージが貯まっています。
同じ会社の人は、デルタはクソだといいつつJALやANA派が多いのですが、直行便が無いため成田・シカゴ経由となり、下手すると20時間以上かかる経路になるため、さっさと目的地に着きたい私としては、多少の快適さを犠牲にしても12時間くらいでデトロイトに着くデルタを利用しています。



そんなこんなでデルタを利用し続けて貯まったマイレージは15万マイル。

デルタのマイレージの特徴としては、

(1)利用期限がない
(2)特典旅行以外の活用方法がほとんどない
(3)突然大改悪され、特典旅行に必要なマイルが値上げされる

デルタに限らずマイレージサービスは縮小の傾向にありますが、こと(3)についてデルタは世界中で批判されています。

2万マイルで行けたところがある日突然45000マイルに。
さらに、値上げは特典旅行を予約済だった人にも適用されたため、過去に遡及して差分を払う必要があるとか。

そんな悪評高いデルタマイレージですが、特典旅行以外の活用をあえて探すとすれば、以下の2つ。

・JTB旅行券に交換する(シルバーメダリオン以上の会員のみ)
・ヤフオクで口座ごと売り払う

前者は、1月1日~12月31日の1年間で3万マイルまで1マイル1円レートで交換できます。
翌年の1月1日になるとリセットされるため、また3万マイル交換可能となります。

後者は、落札案件ごとにレートは異なりますが、15万マイルを20万円くらいで落札しているケースもあるため、内容とタイミング次第ではお得になるかと思われます。
ただし、口座ごと渡すため、そのあとどのような使い方をされるかはわからない点が不安です。
(口座の所有者名は変更できないため、落札した方がずっと自分の名前の口座を所有しているのは気持ちが悪い、という感じもする。)

で、幸い何度かの渡米でシルバーメダリオンになっている私は、前者を選択しました。
12月末に3万マイル交換して翌1月にまた3万マイル交換すれば、一気に6万円分の旅行券になるため、それなりの旅行に利用できます。

交換は、以前はWEBサイトから申請できたのですが、デルタ本社側のトラブルか何かで、ここ半年くらいはずっとシステムダウンしており利用することができません。

デルタ航空スカイマイルマーケットプレイス


申し訳ございませんが、システムは一時的にご利用いただけません。お急ぎの場合は、お客様の10桁のスカイマイル会員口座番号をご用意の上、デルタ航空予約センター0570-077733(ナビダイヤル)または050-3850-8388(日本時間9:00~20:00)までお電話ください。


ということで、現在は電話での対応しかできないのですが、この電話が結構曲者。
土日はほとんど繋がらないのです。

実は12/29(金)に一度かけたときは、待ちゼロで繋がったのですが、その際のオペレータから

(オペレータ) 本旅行券はJTB様の団体旅行のみにご利用いただけます。
(私) それって、いわゆるパッケージツアーのことですよね?
(オ) 弊社ではわかりかねますので、JTB様にお問い合わせください。
(私) 御社のWEBサイトにも”旅行券はJTB店舗が販売する日本国内パッケージツアーのご購入のみにご利用いただけます”と書いてありますが?
(オ) ご計画中のご旅行があれば、詳細はJTB様にご利用が可能かご確認いただいたほうがよろしいかと。


はっきり答えてくれないので、その場では「わかりました」といって切ってしまったのですが、これが大失敗。
翌12/30は土曜日となり、朝から電話が大混雑・・・まったくつながりません。

上述のとおり、デルタの電話番号は”ナビダイヤル”か”050 IP電話”しかありません。
フリーダイヤルがないため、どちらも通話料がかかります。
ナビダイヤルに至っては”1分10円”と、かなり高額な部類。
20分待たされたら、何もしてないのに200円取られるのです。

当初はナビダイヤルでかけたのですが、5分たっても繋がらないため、3分8円のIP電話のほうに切り替えました。(最初からそうすればよかった)
IP電話でかけなおして待つこと22分・・・ようやく接続されました。
昨日と同じ通り一遍の本人確認および質疑応答を繰り返して、3万マイルを交換申請できました。

デルタの電話サービスを使うと、”このお電話のあとに、サービス向上のための質問を一つだけお願いします”と言われます。
昨日は回答しましたが、今回は回答せずにさっさと切りました。
質問内容は、”あなたが社長だったとして、今お問い合わせに対応した窓口担当を採用したいと思いますか?”という内容でした。
全員に同じ質問をしているのか、ランダムに何種類かの質問が用意されているかはわかりません。
電話がつながらない・フリーダイヤルでない、といった類の文句は聞いてもらえる質問ではないようです。

そうでなくても、電話代当方持ちの電話を先方の都合で待たされて通話料取られていい気分はしていないのに、これ以上電話を続けて通話料上乗せされるのは御免被るという感じですね。


電話を切って、デルタのサイトでマイレージ確認すると、あっという間に3万マイル引かれてました


ちなみに、交換したJTB旅行券は”到着まで最大で1.5か月かかります”だそうです。
交換券は”申請した日から6か月”の有効期限があるため、手元に届くのに1.5か月かかったとしたら、実質の利用期限は4.5か月ですね。
なんとも、サービスの悪い仕組みだこと。

年明けたらまたすぐ電話して、3万マイルの交換を申請しないと。。。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

Leave a Reply

*