ログイン
ユーザ名:

パスワード:



  • パスワード紛失
  • 新規登録
  • テーマ選択

    (4 テーマ)

    オンライン状況
    7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 特集記事 を参照しています。)

    登録ユーザ: 0
    ゲスト: 7

    もっと...
    トップ  >  ソフトウェアレビュー  >  ペガシス TMPGEnc DVD Author 2.0(3)

    入力設定

    「起動~プロジェクト開始」の図3で、「新規プロジェクトを開始する」をクリックすると、下のウインドウが表示されます。


    図1 クリップ追加画面

    この画面で、DVDにしたい映像素材を追加していきます。
    左にトラックサムネイル、中央がクリップ、右にファイル登録などのボタンを配置する基本的な画面構成は、TDA1.6から変化ありません。
    ボタンに「スライドショー追加」が追加されていますが、これについては別ページにてレポートします。


    図2 トラックの設定(映像フォーマット)

    図1の左にあるトラックの「設定」をクリックすると、図2の設定ウインドウが表示されます。
    「映像フォーマット」では、登録したトラックの映像フォーマット情報が表示されます(この情報は変更できません)。
    「映像出力設定」では、トラックのアスペクト比やビットレート調整が出来ます。
    通常は変更する必要が無いと、ヘルプには書かれています。
    トランスコードしない限りオーサリング時に再エンコードは行われないので、どこでこの品質が影響するのかよくわかりません。


    図3 トラックの設定(音声フォーマット)

    音声フォーマットは、主に音声多重放送で、主音声を音声1に、副音声を音声2に割り当てたりしたいときに使います。


    図4 クリップの追加(クリップの情報)

    図1で、クリップ(=MPEGファイル)を追加すると、図4のウインドウが表示されます。
    TMPGEnc Xpressで採用された、ペガシス独自フォーマットである「XDVD」に対応しています。
    また、音声の設定では、明示的に音声2をファイルで指定できるようになりました。


    図5 音声の設定プルダウン

    図5のように、音声2を割り振ることが可能です。


    図6 クリップの追加(カット編集&チャプター)

    図6で、クリップのカットやチャプター追加が出来ます。
    画面構成がTDA1.6から変更され、チャプターのサムネイルフレームが右から左へ移っています。
    とはいえ操作形態はTDA1.6とほぼ変更なく、軽快な操作感もそのまま引き継がれています。
    変更点は、「音声フィルター」が追加されていることでしょうか。
    しかし、この編集画面でもっとも大きな変更は、「フレーム単位でカット編集・チャプター打ちが出来ること」です。
    (TDA1.6にあった「チャプター挿入可能/不可」という表示はなくなりました。)


    図7 高度なチャプター追加

    チャプター自動追加のモードには変更ありませんが、チャプター挿入オプションというものが増えています。
    Iフレ以外のチャプターは許さん!という人は、「自動追加は出来る限りIピクチャに対して実行する」のチェックをはずさないように。


    図8 音声フィルター設定(音声ズレ補正)

    追加された音声フィルター設定です。
    キャプチャボードによっては、音声がズレていることがあります。
    音声ズレ補正では、こういったファイルの音声を修正することが出来ます。
    ただし、最初から最後まで均等にズレていることが前提。
    だんだんズレるような音声は補正できないので注意(って当たり前かw)。
    秒数を指定して「音声フィルタープレビュー」をクリックすると、ずらした音声と映像のプレビューが出来ます。
    このプレビューで、補正具合を確認しましょう。


    図9 音声フィルタ(音声ノイズと時報の軽減)

    ノイズ軽減では、音声に混入したサーノイズやプチプチノイズを軽減できます。
    「プップップッポーン」でおなじみのアレを軽減できるようですが、ちょうどいい素材が無いので、テストできません(笑)。


    図10 音声フィルター設定(音量の調整)

    MPEGファイルによっては、音声が大きすぎる・小さすぎるなどの問題があるかもしれません。
    ボリューム変更にて、音声の絶対値を変えることが出来ます。
    ノーマライズでは、音声の大きい部分・小さい部分の差を減らし、強弱のバランスを整えることができます。
    均一化では、音声のもっとも大きい部分でそろえる方法と、平均値をそろえる方法の選択が可能です。


    図11 音声フィルター(フェードイン/アウト)

    クリップの最初と最後で、音声をフェードイン/アウト可能です。
    再生と同時に突然デカい音が出て、びっくりすることがなくなります(笑)。

    これで入力設定が完了しました。
    次はメニューの設定に移ります。

    とりあえず暫定ここまでw。 続きは別日程でアップします。

    プリンタ用画面
    友達に伝える
    投票数:135 平均点:4.52
    前
    ペガシス TMPGEnc DVD Author 2.0(2)
    カテゴリートップ
    ソフトウェアレビュー
    次
    ペガシス TMPGEnc DVD Author 2.0(4)