ログイン
ユーザ名:

パスワード:



  • パスワード紛失
  • 新規登録
  • テーマ選択

    (4 テーマ)

    オンライン状況
    7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 特集記事 を参照しています。)

    登録ユーザ: 0
    ゲスト: 7

    もっと...
    トップ  >  ソフトウェアレビュー  >  ペガシス TMPGEnc DVD Author 2.0(2)

    起動~プロジェクト開始

    まずは、体験版をダウンロードします。(→こちら

    インストール自体には何も難しいことはありません。
    インストール先ディレクトリを指定して、インストールするだけ。

    デスクトップのアイコンをダブルクリックすると、以下のウインドウが立ち上がります。


    図1 試用・認証画面

    TDA2.0は、同社のAC-3パッケージやXpress3.0同様インターネット認証となっており、試用版でもインターネット経由でライセンスを取得する必要があります。
    この方法については賛否両論ありますが、KeygenやCrackが横行する現状に対する有効な手立てと言えるでしょう。
    「ライセンスを取得する」のボタンを押すと、一瞬で取得完了し、以下のポップアップが表示されます。


    図2 認証完了

    書かれているとおり、「試用を開始する」をクリックすると、TDA2.0が起動します。
    2回目からの起動は、ライセンスを取得する必要はありませんが、体験版の制限として、起動から「試用を開始する」ボタンがクリックできるようになるまで、一定の時間がかかるようになっています。


    図3 TMPGEnc DVD Author 2.0 起動画面

    これが、起動したTDA2.0の初期画面です。
    TDA1.6と比較してやや化粧が濃くなっており、基本的な構成に変化は無いようです。
    「ツールメニュー」からDVDライティングツールが起動できるようになりましたが、ひそかにPALのDVDを作成できるオプションが表示されています。


    図4 参考までにTDA1.6の初期画面

    さて、初期画面の右上にある「オプション」ボタン。
    TDA1.6の時は、「DVDフォルダ出力時の子フォルダ作成方法」と、「AC-3エンコードの設定」、「DVD容量表示の種類」、それに「一時フォルダの設定」しかありませんでした。
    このメニューはTDA2.0になって大幅に設定項目が増やされています。


    図5 環境設定1

    環境設定1では、出力終了時の処理項目が増えたくらいです。
    標準の処理で、「なにもしない」「シャットダウン」「スタンバイ」「休止状態」が選択できます。
    お出かけ前にオーサリング処理を掛けておけば、終了後勝手に移行してくれるわけですね。


    図6 環境設定2

    クリップ編集画面での動作設定と、プレビュー移動量の設定です。
    サムネイルキャッシュサイズを広げておけば、プレビューのキャッシュ量が増えて快適かも。


    図7 環境設定3

    マルチCPU環境の人は、ここでマルチスレッド処理の設定が出来ます。
    Hyper Threadingの人はCPU×2と表示されるんでしょうか。(私のマシンは北森2.4Bのため、HT非対応です。)
    再エンコードするエンジン(トランスコードエンジン)も設定可能みたいですが、標準では内蔵されているインターコム製のトランスコーダーしか選択できません。


    図8 各種標準設定

    各種標準設定では、オーサリング時のデフォルトを指定できます。
    TDA1.5/1.6ではドルビーデジタル出力にプラグインのAC-3パッケージを購入する必要がありましたが、TDA2.0では最初からバンドルされているので、追加投資なしでドルビーデジタルエンコード対応となります。

    では、図3の「新しいプロジェクトを開始する」をクリックしましょう。

    プリンタ用画面
    友達に伝える
    投票数:125 平均点:3.44
    前
    ペガシス TMPGEnc DVD Author 2.0(1)
    カテゴリートップ
    ソフトウェアレビュー
    次
    ペガシス TMPGEnc DVD Author 2.0(3)