ログイン
ユーザ名:

パスワード:



  • パスワード紛失
  • 新規登録
  • テーマ選択

    (4 テーマ)

    オンライン状況
    6 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 特集記事 を参照しています。)

    登録ユーザ: 0
    ゲスト: 6

    もっと...
    トップ  >  ハードウェアレビュー  >  ソニー VAIO Type-L LT80DB

    2001年に購入し、長年使ってきたセカンドマシンVAIO LX82/BPがついに故障しました。
    メモリ128MB、HDD60GB、WinMeというスペックから、最終的に

    ・メモリ1GB
    ・HDD160GB
    ・WinXP
    ・電源外付け(Soldam Varius EX250)
    ・MTVX2004HF追加

    となって、がんばってくれました。
    液晶ディスプレイ一体型ペンタブレットも搭載し、ハイスペックかつ遊び心に優れたマシンでした。
    ソニー製にもかかわらず保障期間内にDVDドライブが2回壊れたり、IPS液晶の不具合で全数改修になったりと、ネタも提供してくれました。

    そんなLX82/BPですが、今月あたりから電源が上がらない症状が頻発。
    古い端末のため、かわりの電源を廉価に手に入れるのも難しいので、修理を断念し、新しいPCを買うことにしました。
    最近は高性能で安い中韓台製品がたくさん出回っています。
    しかし、ここはあえてソニー製品を選択してみました。

    インテリア的に優れたものが欲しかったので、ここはVAIO VGC-LT80DBを中古で購入しました。

     


    VAIO typeL 22型ワイドモデル

     

    22インチ液晶ディスプレイ一体型PCです。
    BDドライブと地デジチューナーを備えたマルチメディア重視のマシンとなっています。
    発売開始から2年半ほど経過しておりまして、購入価格は5万円。

     


    置いた感じ

     

    【スペックとアーキテクチャ】

    ・CPU Core2Duo T7500 2.2GHz
    ・メモリ1GB(DDR2-667 512MBx2)
    ・HDD500GB
    ・GeForce 8400M GT
    ・Windows Vista(32Bit)

    と、一体型PCにしては豪華なアーキテクチャです。
    壊れると直しにくいのがこの手のマシンなんですが、デザインはさすがソニーというところ。
    また、HDDやメモリの増設が非常にやりやすいのも特徴。
    裏面のパネルをはずすだけでメモリモジュールにアクセスできたり、引き出しスロットがついた空きHDDスペースがあるなど、めずらしく拡張性があります。

     


    背面パネルを取れば、メモリスロットが現れる

     

    メモリ1GBでは動作が心もとないので、アイオーのSDX667-2Gを2本買って4GBに変更しました。
    実際、起動するとメモリ800MB使われている状態でスワップ頻発し、使い物になりません。

     


    OS上は、4.00GBと表示されますが、実効3.2GBくらい

     

    自分の自作PC(XP 32bit、C2D E6600、メモリ4GB)と比較すると、やや動作に緩慢さを感じます。
    それがOSのせいなのか、CPUの差なのかはわかりません。

    【22インチ液晶】
    液晶はTNなので、前に使っていたLX82のIPS液晶に比較して、視野角や色の再現性で劣ります。
    HDMIやDVI外部入力を持たないため、外部機器を接続して表示することはできません。

    【Windows Vista】
    Vistaはとにかく起動が遅いです。
    Windowsデスクトップが表示されるのはそんなに遅くないのですが、表示してからもサービスやらアプリケーションやらを、延々と読み込んでいて、軽快に使えるようになるには結構時間かかります。
    メモリを増設しておけば、読み込んだ後はサクサク動くようになります。

    【動作音】
    夏場だからというのもありますが、内部温度上昇時のファンの音はそれなりにします。
    ただ、LX82/BPほどの爆音ではないです。
    LX82は、CPUが6cm羽、1cm厚、電源が6cm羽、2cm厚のファンが2500~3800rpmほどで回転していたので、かなりうるさかった。

    【キーボード・マウス】
    無線で動作します。
    キーボードはよいですが、マウスの応答性がイマイチ。
    こまかい操作には向かないですね、無線マウスって。

    【地上デジタルチューナー】
    これぜんぜんダメです。
    2年半前の設計で、地デジチューナーの出始めという状況もあるのでしょうが、ハードもソフトも設計が甘い感じがします。
    とにかく動作が遅く不安定。
    起動に何分もかかるとか、チャンネル変えるだけで落ちるとか、どうなってるんでしょう。
    ちなみにチューナーユニットはバッファロー製、ソフト(TVEnhance)はサイバーリンク製です。
    この時代はやはりソニーは自社でPCに地デジを対応させるのは難しかったのかな。

    PT1入手して余っていたSK-NETのHDUSをUSBでつないで、BonDriver+TVTestで使用すると、安定して使えるようになりました。
    EpgDataCap_Bonは導入してませんが、それを入れれば録画PCとしてもちゃんと動きそうです。
    内蔵チューナーはもったいないですけど、使い道が見当たらない。

    【ACアダプタ】
    120Wだか150Wの巨大なACアダプタが付属。
    とにかくでかいし、熱がすごい。
    発売当初、漏電の恐れありとしてリコール出たらしいですがこれは大丈夫かな。
    ちなみにメイドインチャイナ・・・

     


    写真は参考です。我が家ではありませんw

     

    【総合】
    スペック的にはデュアルコアCPUと、専用グラフィックアクセラレータで、最新の3Dゲームこそ動かないものの、たいていのソフトは動作させることができます。
    壁掛けにも対応するデザインは、今見ても一級品。
    無線LANに対応させれば、マウスもキーボードも無線のため、本体から出るコードは電源のみというスタイリッシュさが素晴らしい。
    しかしながら、定価35万を超える価格をつけた「映像美を楽しむ」PCでありながら、液晶がTNというのは頂けない。
    特に上下方向の視野角が狭いため、少し高さがずれると画面が暗くなったり色が反転してしまいます。
    Lシリーズのトップモデルなのですから、ここはもう少し価格がアップしても、IPSかVA液晶を採用すべきだったのではないでしょうか。
    また、付属ソフトの多さとメインメモリの少なさから、ちょっとした作業ですぐにメモリスワップするのもマイナス。
    本機種に限らず、この時代のVistaマシンはほとんどメモリ1GBになっていて、Vistaの悪評をさらに強めているのですが・・・。
    今ほどメモリは安くなかったでしょうが、2GBは搭載すべきだったと思います。
    5万円で買って多少手を加えるならば、優秀なインテリアPCとなり得ますが、30万オーバーでは正直高級な置物になりそう。


     

    2012/1/31追記

    日記にも書きましたが、このPCを含めた2006~2009年ごろに発売されたソニーVAIOのnVidiaチップ搭載モデルのほとんどに、不具合がありました。
    2009年のリリースですが・・・

    VAIOパーソナルコンピューターに搭載のNVIDIA社製一部グラフィックス プロセッシング ユニットに関する無償保証期間延長のお知らせ(ソニー)

    GeForceチップの不具合で、熱暴走→破損となるケースが非常に多いようです。
    該当するモデルは、VAIOでもGeForceを採用するノートPCや一体型PCの上位モデルが中心。
    もちろん、ソニーだけでなく、他社もほぼ同様のケースになると思われます。

    このLT80DBも該当する現象が発生し、PC屋に19,000円で修理してもらおうと思いましたが、ネットで調べたところ上記の不具合にたどり着き、ソニーカスタマーサポートにて修理してもらいました

    悪評高いソニーのカスタマーサポートですが、このときはキチンと対応していただけて助かりました。

    プリンタ用画面
    友達に伝える
    投票数:124 平均点:4.60
    前
    パナソニック VIERA TH-P46V2(2)
    カテゴリートップ
    ハードウェアレビュー