ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
テーマ選択

(4 テーマ)

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 特集記事 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
トップ  >  リージョンフリー  >  WindowsMe・2000でのMS-DOS起動

ファームウェアをアップデートするには、たいていのユーティリティが、「MS-DOSモードで起動すること」となっています。Windows95/98/98SEでは、マシンの終了時に「MS-DOSモードで再起動する」という項目が存在していました。ところが、WindowsMe/2000では、SYS コマンドが無くなってしまったり、OS 終了時の選択肢から「MS-DOS モードで再起動する」項目が無くなってしまって、どうしたらよいのか、困っている人も多いと思います。ここでは、Me/2000にて、MS-DOSモードの起動ディスクを作成する方法を記載しておきます。

ただし、WindowsMe の「io.sys」には、従来の MS-DOS の himem.sys に相当するドライバの機能が内蔵されているため、この方法で作ったディスクは『本当にクリーンな環境の起動ディスク』とは言えません。

本来は、ファームウェアの更新作業は、Windwos95/98用MS-DOSの起動ディスクで行うべきです。(日本語環境もインストールしないほうが吉)Windows95/98の起動ディスクがどうしても手に入らない場合のみにしておきましょう。

■WindowsMe

  1. フロッピーディスクを1枚用意する。
  2. 『MS-DOS プロンプト』を起動する。
  3. 以下の3つのコマンドを入力する。

    format a:
    copy c:\windows\command\ebd\io.sys a:\
    copy c:\windows\command\ebd\command.com a:\

■Windows2000(DOS6.2相当)

  1. フォーマット済みのフロッピーディスクを1枚用意。
  2. Windows2000 の CD-ROM をセットして、以下のファイルを実行する。
    (CD-ROMドライブ内にアイコンもあります)
    \VALUEADD\3RDPARTY\CA_ANTIV\MAKEDISK.BAT
  3. 作成されたフロッピーから、CONFIG.SYS と AUTOEXEC.BAT を削除。

(注意)MS-DOS 6.2 では、NTFS や FAT32 でフォーマットされたハードディスクにアクセスすることが出来ません。入手した改造ファームウェアは、フロッピーにコピーしておいたほうがよいです。

ページの作成にあたり、マッハ55号さんに掲示板で投稿していただいた情報を利用させていただきました。ありがとうございます。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:93 平均点:5.38
前
ソフトウェアのリージョンコード
カテゴリートップ
リージョンフリー
次
リージョン解除ソフトウェア比較