ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
カレンダー
2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
テーマ選択

(2 テーマ)

アクセスカウンタ

Since 1999
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
次世代光メディア規格
次世代光メディア規格 : PowerProducer、BD-RE 3.0オーサリング/書き換えの認証取得
投稿者 : kgotonet 投稿日時: 2007-09-22 00:28:23 (4572 ヒット)

BD-REは現在バージョン3.0まで規格があります。
まず、1.0は、
・記録速度1倍速
・カートリッジメディアのみ
・ファイルシステムは、独自のBDFS
・アプリケーション規格はBDAV
・著作権保護は、独自のBD-CPS

2.0では、
・記録速度2倍速まで対応
・カートリッジなし
・ファイルシステムは汎用UDF2.5
・著作権保護は、AACS

3.0では、
・アプリケーション規格にBDMV(BD-ROM用の規格)を追加

というような感じになっています。
で、この最新のBD-RE 3.0オーサリング・書き換えに関して、Blu-ray Disc Testing Centerというところから、サイバーリンク社のマルチメディアオーサリングソフト「PowerProducer」が認証を受けたようです。

引用:

CyberLink PowerProducer Receives Rewritable Blu-ray Disc "BD-RE 3.0" Authoring and Burning Logo Verification(CDRinfo)

CyberLink announced today that CyberLink PowerProducer (the disc authoring software) has been verified by the Blu-ray Disc Testing Center to support disc authoring of rewritable Blu-ray disc BD-RE 3.0 (BDMV format on BD-RE).
PowerProducer had been logo verified Blu-ray Disc Testing Center to support BD-RE 2.0 (BDAV format on BD-R) last year.


つまり、BDビデオカメラなどで録画した映像を、BD-RE 3.0に対応したPowerProducerを使って、PCでオーサリングできるわけですかね。
なんだかよくわからない・・・


印刷用ページ このニュースを友達に送る