とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

2012衆院選

2012年末衆院選、愛知県も他の選挙区同様、自民旋風が吹き荒れました。
特に愛知3区、5区で、売国議員の名高い近藤昭一、赤松広隆の2名が落選したのは大きい。

近藤昭一 参考
赤松広隆 参考

日付が変わる直前まで当確が出ない愛知5区でしたが、神田けんじ氏が僅差で当選。
神田氏、無名ながらよくがんばりました。

しかしながら、民意でNOを突きつけられた議員が比例で復活するというのは納得いかない。
近藤も赤松も、どちらも比例復活で議員は継続です。
ほか、辻元、菅直人、原口なども比例でゾンビのように復活。

マスコミが中立な立場で、各政党の思想政策を報道してくれるなら比例代表もよいですが、現状テレビや新聞が左巻きで汚染されている状況では、害悪はあれどメリットは見当たりません。

その比例復活にも漏れた仙谷・樽床・藤村・田中真などは、もはや国民にも民主党にも見放された連中と思ってよいでしょう。(参考
こいつらは、二度と政治にはかかわって欲しくない。


民主が政権にいた3年間、日本の失ったものは多い。
しかし、3年前の政権交代フィーバーでは、自民で老害と言われた政治家が多く引退しました。
そして今回、売国民主やコウモリ小沢一派は、かなりの数が一掃されました。
維新は、橋下が御輿に乗っていますが、その実体はおそらく石原慎・平沼・そして西村氏となるはず。
特定の国家に媚びへつらうことで票を集めてきた政治家は確実に数を減らしています。

あとは、参議院に居座る輿石東や白眞勲、岡崎トミ子、蓮舫、谷岡郁子、江田五月とかいう連中をどうにかせねばならない。
ここが本丸だと思います。


中韓とケンカしようというのではありません。
国家として、当たり前のことを当たり前にやってほしいだけ。
安部氏および今回当選した議員には、ぜひそのような視点で政権を運営して頂きたいです。


しかし、公示前勢力70名以上だった未来+国民の生活は、小沢以外ほぼ全滅とか。
代表の東、マルチ山岡も落選、肝炎で一躍有名になりながら、酒飲んで酔っ払った写真が流出した福田(衣)も落ちた。
ほか、新党大地の松木、国民新党の下地、新党日本の田中(康)も落選、泡沫政党には厳しい結果となりました。

投票率が低いのはいつものことですが、「入れる政党がない」「どこに入れても同じ」は、ただの思考停止であり言い訳です。
自分で政党・候補者をよく調べ投票するのは、国民の「義務」だと思うのですが。
とくに若い人は、ただでさえ世代間で人数が少ないのですから、選挙に行かなければいつまでも老人優遇政策しか通りませんよ。
どうしても行けない人はともかく、「サボった」人には、ぜひ反省してほしいと思います。


トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

反自民党 より:

保守の皮を被った安倍を支持しているのもかなりの売国奴だな。
自民支持者も一掃しなければ国の再建はない。

KEI より:

> 反自民党さん
売国奴ねぇ。
最近の自民の動きを見ていると、確かにそう言われても仕方ないですね。

しかしながら、2年前のあの選挙にて、ほかに選択肢があったなら、教えていただきたい。
自民・民主を除いて、それ以外にどのような対処法があったか?

コメントをどうぞ

*