とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

未割り当てのSDカードを救う

Androidスマホを買うたびに新しく購入していたMicroSDカード。
で、古いスマホは廃棄したり売却したりするのですが、そうすると手元にMicroSDカードが増えていきます。
中身を削除しておこうと、MicroSDカードをひとつずつ確認していたのですが、容量が表示されずフォーマットもできないものがありました。
コンピュータの管理から、ディスクの状態を確認すると、


未割り当てになっていました。
こういうときは、SDカードフォーマッターを使うとディスクを利用可能な状態に戻せます。
(ただし、入っているデータは消えますが)

SDメモリーカードフォーマッターは、SDアソシエーションのサイトからダウンロードできます。
2020年12月20日現在、バージョンは5.0.1となっており、Win10でも動作可能です。

SD/SDHC/SDXCカードをフォーマットする際、オペレーティングシステムに付属しているフォーマットツールではなく、このSDメモリカードフォーマッター を使用することを強く推奨します。一般的に、オペレーティングシステムに付属しているフォーマットツールはSD/SDHC/SDXCカードを含むさまざまな記録媒体をフォーマットできますが、SD/SDHC/SDXCカードに最適化されていない可能性があり、結果的に性能が低下する場合があります。

なんて書いてありますよ。
初めて知ったかもw



SDメモリーカードフォーマッターを起動すると、上記のようになります。
ドライブレターは、すでに選択されていました。
あとは、「フォーマット」を押すだけ。



注意書きは「はい」でOKです。



数秒のフォーマット後、終了のダイアログが表示されます。



コンピュータの管理で確認すると、無事にフォーマットされたようです。
うむ、SDメモリーカードフォーマッター万歳。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

Leave a Reply

*