とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

DC45モーターヘッドの中華品

ダイソンDC45のモーターヘッドがイカれました。
ブラシがまわらなくなったのです。


バラしてみたのですが、接触不良を起こしているらしく、ヘッドを動かすとたまにブラシが回ります。
問題の箇所はどうも車輪部分の内部を通る配線らしく、そこはバラせない模様。
結構調べましたが、壊さずに分解することができず、諦めました。

そこで代替品購入ですが、amazonで探すと中華品が出るわ出るわ。
その中で、レビューや採点から比較的まともそうなものを選んでみました。


送られてきたパッケージ。
堂々と「スペア」って書いてあるw


開けると無造作にヘッドが入っている。
純正と比べて、だいぶ軽い。


蛇腹部分がかなりヤグい感じします。
何か月持つんだろう。


裏側。
純正にあるフェルトとかが一切ないので、床に傷をつけそうな感じがします。


ブラシ。
毛の硬さは、純正と比べかなりやわらかい。
密度も明らかに寂しい感じです。


蛇腹部分は半透明。
ゴミが詰まったら見やすい・・・のかも?


つないだところ。
若干だけど、色が違います。
この互換ヘッドは色が薄い目でした。


ということで、本体につないで掃除したところ、ちゃんと動く(当たり前・・・か?)。
毛足の長い絨毯の掃除については、純正の硬いブラシが強引にゴミを掻き込むため、純正のほうが協力です。
一方でフローリングだと、純正では吸えなかった壁際部分とかを吸い込んでくれます。
吸い込んだゴミを見ると、デカいゴミはちょっと減った気がしますがそれ以上に細かいホコリのゴミが増えた気がする。

アレルギー持ちとしては、細かいゴミのほうが拒否反応強いため、それを吸ってくれるのは助かる。
何よりヘッドが軽いため、掃除が楽になった気がしますね
純正品が1万円するのに対し、この中華品は2500円程度。
毎日使用して1年持ってくれたら、御の字と考えます。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

Leave a Reply

*