とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

新型レヴォーグお披露目

あたらしいレヴォーグがついにディーラーでお披露目になります。
スバル渾身の2代目はどのような仕上がりになっているでしょうか。

スバル、新型「レヴォーグ」先行予約開始 3つの基本グレードと「アイサイトX」の有無で6グレード展開(CAR Watch)


スバルの新型ツーリングワゴン「レヴォーグ」の先行予約が8月20日、全国のスバル販売店で開始される。正式発表予定は10月15日。

なんといってもアイサイトXに搭載されるハンズオフ渋滞支援機能が目玉でしょう。
これなしに2ndレヴォーグを買う理由は見当たらない(個人的意見)。

センターコンソールの11インチマルチディスプレイと、フル液晶のメーターが今風の車をアピール。
地味にリアのエアコン吹き出し口もうらやましい。
現行レヴォーグの後期から搭載されたリアシート4:2:4トランクスルーも継承されてるっぽい。
機能面では、本当に興味をそそられるところが満載です。

ですが、見た目は正直今のレヴォーグのが好きですね。
全体的に腰高に見えるサイドビュー、左右に追いやられた小さ目ヘッドライト、インプレッサにも似ている狭いリアクォーターガラス・・・このあたりが気になります。

サイズとしては、
 現行:4690x1780x1490
 2代目:4755x1795x1500
と一回り大きく。

とくに全長が6cmも長くなっているので、今すでに車庫ギリギリの人は厳しくなるかも。
ホイールベースは現行2650に対し2670と2cm拡大しているので、リアの居住性は改善されたのかな?

初物に手を出す予定はないのでとりあえず試乗くらいにとどめておくとは思いますが、やっぱりハンズオフ渋滞とトランクスルーいいなぁw


トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

Leave a Reply

*