とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

へーベルハウス外壁リフォーム(3)

コロナ禍により、外出自粛とテレワークを続けております。
先行きは不安しかありませんが、現時点で大幅に収入が減った方や、生活品の店舗販売・医療・運送その他自粛も休業もできない職業の方々を思うと、我々にできることはせめてこれ以上感染を広げないことだと思うのですが・・・なんなんだろう、出歩き首相夫人とかセクキャバ議員とか。

そんなわけで、あまり外出もせず引きこもっている我が家ですが、タイミング悪く外壁リフォームが4月頭から開始されました。


契約した1月には、こんなことになってるとはまったく想像しなかったもんなぁ。
何がまずいって、これから収入が先細るのが見えている中での100万単位の出費はもちろんですが、外壁は足場と養生で囲まれ窓はビニールが貼られシャッターは締めっぱなし塗装に使う溶剤の香りが部屋にも充満、という環境の中引きこもらなければならない状況がまずい。

溶剤のにおいで頭痛いです・・・w

ちうことで、我が家の塗装工程は、足場設置→外壁洗浄→シーリング増し打ち→外壁塗装1回目→外壁塗装2回目→金物等塗装→足場解体、という流れのうち、外壁塗装1回目に着手されたところです。
とりあえず足場設置の写真を挙げておきます。


塗装はがれ例その1 上塗りが剥がれて白い下地見えてます。


塗装はがれ例その2 シーリング部分の上塗り塗装にヒビ


トップハット部の足場その1 斜めの部分ってどうやって登るのか


トップハット部の足場その2 一番上の足場は、地上高7mくらい


トップハット部の足場その3 北屋根側


トップハット部の足場その4 通るのも大変なくらいの狭さ


屋外コンセント部の塗装にも剥がれが


屋上からのぞいた下階の足場


1F玄関横にある足場の登りはしご 高所恐怖症には厳しい

以上のように、がっつりと足場が組まれました。
「自己責任で登っても良いですよ」とは言われましたが、君子危うきに近寄らずですw



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

Leave a Reply

*