とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

名探偵コナン「ゼロの執行人」

昨日公開された、劇場版名探偵コナン「ゼロの執行人」を見てきました。
見てきたというより、連れていかれたというほうが正しいかも。


ストーリー的には、ハイスピードに物理法則を無視したアクションが連続するいつものパターン。
個人的にはそこまでコナンに思い入れは無いですが、コナン好きならきっと楽しめると思われます。

アニメ映画鑑賞は、たしか2016年のワンピースフィルムゴールド以来。
あの時は開始数分で居眠りしておりましたが、今回は最後まで寝ることなく視聴できました。
ただ今回は、犯罪の大きさと犯人の動機がいまいちリンクしない気がしましたね(謎)
舞台としてカジノが出てきたり、TorやIoTなど新しい技術をネタに織り込んでいるところは、時代を反映しています。

安室徹の操る白いFDのセルモータ音やエンジン音に、音響さんのこだわりを感じたw
ゲスト声優は、上戸彩と博多大吉。
違和感を感じるほどに下手さはなかったのでよかったですが、大吉さんはキャラの顔と声が一致しない感が。

しかし、劇場版名探偵コナンは、これで22作目だそうです。
コナンはずーっと小1なわけですが、1日何件くらい事件が発生しているんでしょうかw



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

*