とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

スタッドレスタイヤへ交換

今年はスキー場などに早々に雪が降り積もっていて、スキーには苦労しなさそう。
困る人もいるでしょうが、レジャーとしては楽しみです。


そういうわけで、12月に入ったのでこの週末にレヴォーグとタントのタイヤをスタッドレスに交換しました。
今週は降るかも?という予報もありますしね。


タント:
 夏165/55R15 アジアンタイヤ
 冬155/65R14 ブリジストン ブリザック REVO GZ 3シーズン目

レヴォーグ:
 夏225/45R18 ダンロップSPORT MAXX
 冬215/50R17 ブリジストン ブリザック VRX 2シーズン目

どちらも純正よりワンサイズ細いタイヤです。
スタッドレスは、細めのほうが利きがいいのと、やっぱり安いので。


しかし去年も思いましたが、17インチとか18インチのタイヤってのは重たいですねぇ。
年々体は衰えていくので、どこかでタイヤ交換のDIYはあきらめないといけないかも。

そういえば、スバルから完成車検査の件でリコールによる検査をいつにするか連絡がありました。
今すぐやってもらわないといけない不具合があるわけでもないので、次回1年点検のときに合わせてやってもらうよう回答しました。
最近売れ行きのよかったスバルですが、販売数に対しサポート体制がおいついてないとの話がある中、このようなリコール対応が追加されるというのは、現場にとっては大変でしょうね。



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

Region2 より:

自分は12月初旬の暖かい日にDIYで交換しときました。

夏冬2回交換して貰うとなると、それなりの作業料も取られます。作業料分のお金で何回も使える工具が買えるし、DIYが絶対安上がりです。作業を待ったり予約を入れるのも面倒だし、ホイール付きタイヤを手持ちしておけば好きな時に交換できます。やっぱりDIYが良いですね。

ホイール付きタイヤを手元に置いて交換作業だけ頼むというのも車への積み降ろしで体力を奪われます。
タイヤ保管サービスなら楽ちんだけど、さらにお金がかかるし作業予約も要るし。

「クルマを持つということは、カネがかかるということ」ですよね~。

KEI より:

あけましておめでとうです。
タイヤ交換は、寒くなる前にやっとくべきですね。

ただ、ジャッキがいつまで持つかがちょっと心配。
急にガス圧抜けて、ガクンと落ちたら、なんてことを考えてしまいますわ。

コメントをどうぞ

*