とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

アメリカに行っていました

先々週の金曜から、今週の日曜まで北米(デトロイト方面)へ行ってました。
まぁ、仕事なんですけどね。


例によって、デルタのスカイプライオリティ。
片道だいたい12時間前後です。
昼夜ひっくり返るので、いつ行っても時差ボケの解消に時間かかる・・・

デトロイトはラストベルトと呼ばれる地域に位置します。
この地域は、衰退した製造業を建て直すという期待をもって、トランプ大統領の支持率が高い模様。

現地では、とくに支持/不支持デモといった物騒なものには出会いませんでした。
ただ、デトロイト空港では全員がボディチェックを受けさせられた。
ビジネスクラスの客は先に出られたからよいけど、後の客はかなり待たされるだろうな。

まぁ、そんなわけでデトロイトと言えば挙がるのが、フォード博物館かデトロイト美術館。
今回は現地スタッフ(米人)にフォード博物館へ連れて行ってもらいました。


ケネディ大統領襲撃当時の車両(本物)が展示されていたり、


1960年代のマクドナルドの看板が置いてあったり、


なぜか超巨大機関車! アメリカのスケールのデカさを感じる大きさです。

連れて行ってくれたスタッフはもうじき60くらいのおじさんですが、なかなかに饒舌な方で、古そうな農建機を指さして「これはうちの叔母が昔うちのファームで使ってたぜ~」とか、60年代のクーガーを見て「クーガーはカッコいいよな!昔あこがれたんだよ~」などと、のたもうておられました。
息子さんは、マイクロソフトに入社してる秀才だそうです、すげえな。

他にもフォード博物館は、初代プリウスやら70年代アコードなど日本車も置いてあったりして、なかなかに興味深い。



ショッピングでは、アウトレットモールにお出かけ。
ミシガンで有名なアウトレットとして、バーチランとグレートレイククロッシングの2つから選択。
バーチランは屋外のモールになっていて、あいにく天候が悪かったため、屋内のグレートレイクを選択。
なんとなくコーチのメッセンジャーバッグを買ってしまいました。
日本と比べるとだいぶ安いんですよね、コーチって。



アメリカといえば肉。
肉といえばアメリカ。

なわけで、現地出向者(日本人)に勧められて(騙されて?)注文したのがこの20オンスはある骨付きステーキ!
グラムに換算すると、560g程度あるそうです。
無我夢中で食べきったけど、そのあとの胃もたれがすごかった・・・w

アメリカ人はこんなものを食べてるから肥満が多いんだ。
ちなみに、勧めた出向者は150gくらいの小さいのを食べていた。
なんでやねん。



そして、通常観光客は決して行かないであろう場所へ。
ここはいわゆる実弾射撃場。
モノホンの拳銃を撃つことができます。
連れて行ってくれたのは、また別の現地スタッフ(米人)。
普段から、なぜかカウボーイハットを屋内でも被ってたりする ヘン イキなやつです。



20発ほど実弾を撃たせてもらいました。
拳銃マニアじゃないので、銃の名前はわからないけど、38口径(9㎜弾)だと思う。
小さい銃なのですが、持つとやはりズシっと来ます。
そして、発射の瞬間は想像以上に反動が来ます。
片手で平然と連射しまくる刑事番組は、ちょっとありえないですね。



的の紙は、5~6種類から選択できます。
自分の選んだのは、加山○三みたいなターゲットでしたw


ということで、業務のほうが想像以上に結構大変でしたが、合間を縫って現地スタッフに気を遣っていただいたので、いろいろと楽しませてもらいました。
また行きたいか?と言われると、やっぱり体力的に大変なので、しばらく後にしたいなぁとは思いますw




トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

Region2 より:

長旅、お疲れさまでした。

>片手で平然と連射しまくる
往年のシュワルツェネッガーさんとかセガールさん並みの筋肉があれば可能なのかも。

KEI より:

こんばんわ&ありがとうございます。

> シュワルツェネッガーさんとかセガールさん並みの筋肉があれば可能なのかも。

その辺のリーマンにそんな筋肉はないので、リアクションでターゲット外しまくりな未来しか見えないですw

コメントをどうぞ

*