とりとめもなく、だらだらぬるぬる書き留めるらしいです。

レヴォーグ、リコール

なんですとー。

【リコール】スバル レヴォーグ、ECU不具合で火災事故2件発生(レスポンス)

富士重工業は2月23日、スバル『レヴォーグ』のエンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
(略)
ECUのプログラムが不適切なため、吸入空気温度が高い状態で点火時期や燃料噴射、過給圧が適正に制御ができず、異常燃焼を起こすことがある。そのため、シリンダー内の圧力が異常に上昇しコンロッドが折損、最悪の場合、シリンダーブロックが損傷してエンジンオイルが漏れ、火災に至るおそれがある。

車両火災とは穏やかではないですな。
リプロでちゃんと直るんだろうか?
車両生産時期からすると、うちのも対象になっているらしいが・・・



トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

Region2 より:

正直に白状するだけでも宜しいのではないでせうか。
ECUのプログラム?(マッピング?)はサービスツールからちょちょんと書き換え可能なのかな??

KEI より:

先週更新してきました。
30分くらいで、作業完了しましたね。
まぁ、ファームウェア更新みたいなものなのではないでしょうか。

とりあえず、あんまり変わったようには見えないですが、心なしかアクセルに対する過敏さが減ったような。

コメントをどうぞ

*